カテゴリー別アーカイブ: 「Facebookで婚活」その前に

「Facebookで婚活」その前に⑤ 知らず知らずに影響を受けているダメ友はいませんか

「婚活」を始めるにあたって、「環境を変える」「活動範囲を変える」と同時に、あなたの交友関係を見直すことも大事です。

長く続いている友達関係が、知らず知らずのうちにあなたの「婚活」の障害となっている可能性があるかもしれません。

学校時代からの長い付き合いがある友達でも、いつも疲れていたり、発想が後ろ向きであったり、他人のあら捜しや愚痴ばかりを言っているような人と一緒にいれば、あなた自身の気持ちも知らず知らずのうちに影響を受けてネガティブになってしまうものです。

そんな友人とは、少し距離をとってみたほうがいいかもしれません。

何も大げさに絶交までする必要はありませんが、少し距離をおくことであなたもその友達自身も、冷静に自分を見つめ直す時間ができるようになるのではないでしょうか。

逆に、一緒にいて明るくポジティブな気持ちになれる、あるいはその人みたいになりたいと思わせるような人と一緒にいるようにすれば、あなた自身の気持ちも自然と明るく前向きに変わっていくはずです。

友達だけでなく、会社の同僚や上司、部下の顔も思い浮かべてみましょう。

ネガティブオーラを発散しまくっている人がひとりやふたりはいることでしょう。

仕事の関係上、そういう人と距離を置くことはなかなか難しいかもしれませんが、あくまでビジネスと割り切って、踏み込まない・踏み込ませない関係に徹するようにしましょう。

逆に会社にポジティブオーラの持ち主がいたら、積極的に交流を持てば、あなた自身にも良い影響を及ぼし、より人間的な魅力を高めることができるでしょう。

「Facebookで婚活」その前に⑥ 時間をかけなければわからないこともあります

「婚活」を続けていく上で大切なのが、出会った相手に対して「タイプじゃない」「興味がない」などとすぐに白黒判定を付けないことです。

人間的に合わない、生理的に無理、という場合にはその限りではありませんが、そうでないのであれば、相手との関係は白でも黒でもない「グレー」にしておく、という事が大切です。

一度や二度会って話しをした程度では、その人の本質や本当の人間性というものまではなかなかわからないものです。

せっかく縁があって出会えたのですから、「◎でも×でもとにかく早く結果を出したい」「ダメならダメで早く次を見つけなくちゃ」などと焦る気持ちを抑えて、じっくりと時間をかけてその人の持つ魅力やその人にしかない良い点を見つけていきましょう。

「もしかしたら黒かもしれない、でもひょっとしたら今はグレーでも、白になるときもくるかもしれない。」

それは決して、ズルイ考え方ではありません。

時間をかけなければわからないことも、男女の間にはあるものです。

わからないのはお互い様です。

相手にとってもあなた自身にとっても、早急に結論を出すという事には、お互いのことを知る上でも、また今後の「婚活」への影響を考えても何のメリットもありません。

一度の「出会い」すら大切にできない人に、本当に素敵な出会いが訪れると思いますか

「Facebookで婚活」その前に⑦ 異性の飲み友達をつくろう

あなたには『明日飲みに行こう』と誘える異性の友達が3人以上いますか?

実は、「婚活」になかなか成功しない人には、異性の友達が極端に少ないケースが多いと言われています。

好意があるなしに関わらず、男性として(女性として)見られない・見ることができないとしてもそれは一向に構わないのです。

付き合う気にはなれなくても、『もしかしたらこの人』とは微塵も思わなくても、趣味が合うとか、パソコンに詳しくて色々教えてくれるとか、仕事の愚痴を聞いてくれるとか、なにか引っかかるところがあれば、まずは友達付き合いを始めてみましょう。

飲み友達の紹介でとか、そのまた友達からとか、そんな縁で交際が始まるケースも意外と多いことをご存知でしょうか。

しかし、特に女性の場合には「一緒に飲みに行ける男友達」といっても、「自分から男性を飲みに誘うなんてなかなかできない」という人も多いことでしょう。

そんな時には、「明日、女友達と飲む予定があるんですが、ご一緒しませんか」など、いきなり二人きりではなく友達をまじえての飲み会への誘いであれば、気軽に声をかけやすいし相手も気楽に応じやすいのではないでしょうか。

たとえ今回は断られたとしても「また誘ってください」という返事があれば、次に繋げることもできるでしょう。

断られようが所詮は「飲み友達」だし、という気楽さがあるのも良い点ですね。

そもそも、アラサー、アラフォー世代といえば、男性も女性も、人生の中でも特に仕事が忙しい時期にあるはずです。

そんな中、「出会い」の機会が少なくなるのも当然です。

そうであればこそ、男性も女性もそうした「機会」を有効に活用していくべきではないでしょうか。

「飲み友達」をつくることは、あなた自身の「婚活」のみならず、友達のためにも一役買うことに繋がるのです。

「Facebookで婚活」その前に② 活動範囲を変える、環境を変える

そもそも「婚活」をしている人には、「3年、5年と彼氏・彼女がいない」という人が非常に多いようです。

そんな人が藪から棒に「結婚したい」といっても、それは少々飛躍しすぎというものではないでしょうか。

段階を踏まずにいきなりゴールにたどり着きたいというのは、ちょっと無理な話というものです。

「受験勉強を全くしていないけれども、東大を目指す」と言っているようなものです。

だからこそ、まずは「結婚」というゴールにたどり着くための環境作りから始めなければいけないということです。

生活環境を変える、活動範囲を変える、といっても、何も難しいことをするわけではありません。

例えば、休日には今まで見たことのないジャンルの映画を見たり、行ったことのない場所へ出かけたりするなど、いつもとほんの少し違った選択をするというのも環境を変える良いきっかけになるでしょう。

これまで手に取らなかったジャンルの本を読む、実家に住んでいる人なら一人暮らしをしてみる、住み慣れた街から思い切って静かな郊外へ引っ越しをしてみるというのもいいでしょう。

住む街が変わる、駅が変わる、路線が変わる、生活リズムが変わるというだけで、毎日出会う人が変わってくるものです。

「Facebookで婚活」その前に① 婚活に失敗する人、成功する人

「結婚したいけれど出会いがない」

アラサー、アラフォーと呼ばれる世代の独身の方の多くは、そんな風に思っているのではないでしょうか。

しかし、普段のあなた自身の生活をもう一度思い返してみてください。

仕事の忙しさにかまけて、毎日が会社と自宅の往復になってしまっていませんか。

休みの日には家でゴロゴロ、たまに出かけるといえば、近所のスーパーかコンビニ、せいぜいレンタルビデオ屋くらい、そんな生活をしていませんか。

それでは「出会い」のチャンスが生まれるはずがありません。

まずは、自分の活動範囲を変え、周りの環境を変えてみることです。

理想的な結婚相手と自然に出会えるのが一番と思っている人は多いと思いますが、「自然な出会い」などそうそうあるものではないのです。

人は、大学の同級生や会社の同僚など、その人の周囲の環境の中で周りにいる異性の中から、結婚相手を見つけているものです。

自分から探しにいかなくては「出会い」のチャンスなど生まれるはずがないのです。

ただ待っているだけで理想の王子様が現れるというのは、道を歩いていたら運命の相手とぶつかるという少女マンガの世界だけの出来事なのです。

現実はそんな甘い夢物語ではない、ということをまずはしっかりと認識しましょう。

「Facebookで婚活」その前に③ 「婚活」しながら自分を磨くということ

また、普段の生活で自分が出会わない人と交流できる機会を増やしてみることも大切です。

ボランティアの集まりに参加する、SNSで趣味の集まりを見つけて参加してみる、など様々な人との出会いの延長線上に「婚活」があるという意識を持つことも大事なのではないでしょうか。

いざ「婚活」を始めてみても、相手の方から「ノー」と言われたら辛い。

そんな風に思い悩んで人も多いことと思います。

真剣に結婚したいと考える人ほど、まじめな人であればあるほど、「婚活」そのものが辛いものになってしまいがちです。

しかし、「結婚」というゴールだけが婚活から得られる「成果」だと思ってはいけません。

「婚活」を通じて、キレイになる、ステキになる、魅力的な人になる、そんな「自分磨き」のために「婚活」をするんだ、と考えてみてください。

女性は、「婚活」で知り合った人とのデートのためにファッションや化粧を工夫すれば、より美しく装うことができるようになります。

男性ならば、初対面の相手と話す機会を重ねることで、自分自身のコミュニケーション能力もあがります。

相手の何気ない仕事の話が、自分のキャリアに生かせることだってあるかもしれません。

そんな風に、「婚活」を続けることでさまざまな形の「成果」があるのだと思えば、たとえ今回は「ノー」と言われたとしても、辛いだけで終わったりはしないはずです。

「婚活」を有効に利用して、活動範囲が広がり交流関係が広がれば、自然に人間の幅も広がります。

そうやって自分を磨いていけば、それに見合った新しい「出会い」もきっと生まれることでしょう。

「Facebookで婚活」その前に④ 「30代だから」は誰のためのイイワケですか

「婚活」を続ける人の中には「もう30代だからなかなか出会いがない」という人も多くいることでしょう。

でもそれは、いったい誰のためのイイワケなのでしょうか。

20代の頃の自分と今の自分を比較して、何が劣っているというのでしょうか。

肌のツヤ?体力?見た目のキレイさ?それらがいったい、なんだと言うのでしょう。

30代になったあなたには、20代の頃には持ち得なかった「何か」が必ずあるはずです。

そこへは一切目を向けずに、ただ「若さ」や見た目の「美しさ」だけを「失ってしまった・失いつつある」と嘆くのはなんともバカバカしく、時間の無駄だと早々に気づくべきです。

「婚活」を続けるあなたは、同時に「自分磨き」を続けているのです。

20代の頃にはなかった、あるいは今の20代の人にはない人間的な魅力をあなたは身につけているはずではないのですか。

そうであるなら、そんなあなたを理解してその魅力に気づいてくれる素敵な相手と出会えるチャンスがあるということです。

それは20代の頃にはなかったものです。

40代になったとしてもそれは同じことです。

ただ何もせず漫然と年を重ねてきた人と、常に自分を磨き続けてきたあなたと、どちらが人として魅力的かは、一目瞭然のはずです。