「Facebookで婚活」その注意点⑰ アカウント乗っ取り被害に遭わないための注意点II

Facebookでアカウントの乗っ取り被害に遭わないための注意点、ふたつめは事前にできる防御策です。

前にも説明しました通り、悪質な「なりすまし」の犯人はFacebookの「信頼できる連絡先」の機能を悪用し、被害者がうっかり承認してしまった「なりすまし」の3人の友達を指定します。

すると犯人のもとにパスワードを再設定するためのセキュリティーコードが送られ、犯人はそのコードを使ってまんまとアカウントを乗っ取ってしまう、というわけです。

ということは、万が一「なりすまし」のアカウントと友達になってしまったとしても、彼らに「信頼できる連絡先」の機能を悪用されるよりも先に、あなた自身が「信頼できる連絡先」を他の「本当に信用のできる友達3人」に設定しておけば良いのです。

II.「信頼できる連絡先」をあらかじめ設定しておく

悪質な「なりすまし」のアカウントに悪用されるよりも先に、あなたの「信頼できる連絡先」を設定しておくことで、万一「なりすまし」アカウントと友達になってしまったとしても、「乗っ取り」という最悪の事態だけは予防することができます。

あなたが自分自身で登録するわけですから、絶対に間違いのない(「なりすまし」のアカウントであるはずのない)あなたの家族や毎日顔を合わせる(Facebook上で、ではなくリアルな現実世界で本人を確認できる)友達を「信頼できる連絡先」に設定しておきましょう。