「Facebookで婚活」その注意点⑦ Facebookで内定取り消し?就活中の人も注意!

海外のとある保険会社の調査結果によりますと、アンケートに回答した企業の人事担当者や経営者の半数以上が、就職希望者の未熟な面(酒に酔ってのエピソードや不法行為を自慢するような写真、低レベルな文法の間違いなど)をFacebook上で発見した場合、その人物の採用を見合わせると回答しているそうです。

日本でもこれだけFacebookが広まっていますので、企業の採用担当者ばかりでなく、婚活・お見合いの相手をFacebookで調べたり等、誰にでも特定個人の情報をパソコンやスマホひとつで簡単に調べることができるということです。

便利な反面、怖い時代でもありますね。

Facebookの写真だけでなく、個人プロフィールやタイムラインの書き込み・コメントなども、公開範囲を細かく設定しておく必要がありそうですね。

就活の場では、こうした企業側の動きを逆手に取って「企業から好印象を持たれるためのfacebook就活対策」と銘打った就活生向けのセミナーなども開かれているそうです。

とあるセミナーの紹介記事によりますと、「企業から好印象を持たれる為に」として、「プロフィール画像は笑顔でアップの写真」「友達は50人以上」「週に3回以上、前向きで建設的な書き込みをする」などのポイントを教えているのだそうです。