「Facebookで婚活」その前に⑦ 異性の飲み友達をつくろう

あなたには『明日飲みに行こう』と誘える異性の友達が3人以上いますか?

実は、「婚活」になかなか成功しない人には、異性の友達が極端に少ないケースが多いと言われています。

好意があるなしに関わらず、男性として(女性として)見られない・見ることができないとしてもそれは一向に構わないのです。

付き合う気にはなれなくても、『もしかしたらこの人』とは微塵も思わなくても、趣味が合うとか、パソコンに詳しくて色々教えてくれるとか、仕事の愚痴を聞いてくれるとか、なにか引っかかるところがあれば、まずは友達付き合いを始めてみましょう。

飲み友達の紹介でとか、そのまた友達からとか、そんな縁で交際が始まるケースも意外と多いことをご存知でしょうか。

しかし、特に女性の場合には「一緒に飲みに行ける男友達」といっても、「自分から男性を飲みに誘うなんてなかなかできない」という人も多いことでしょう。

そんな時には、「明日、女友達と飲む予定があるんですが、ご一緒しませんか」など、いきなり二人きりではなく友達をまじえての飲み会への誘いであれば、気軽に声をかけやすいし相手も気楽に応じやすいのではないでしょうか。

たとえ今回は断られたとしても「また誘ってください」という返事があれば、次に繋げることもできるでしょう。

断られようが所詮は「飲み友達」だし、という気楽さがあるのも良い点ですね。

そもそも、アラサー、アラフォー世代といえば、男性も女性も、人生の中でも特に仕事が忙しい時期にあるはずです。

そんな中、「出会い」の機会が少なくなるのも当然です。

そうであればこそ、男性も女性もそうした「機会」を有効に活用していくべきではないでしょうか。

「飲み友達」をつくることは、あなた自身の「婚活」のみならず、友達のためにも一役買うことに繋がるのです。